前へ
次へ

SEO対策は検索エンジンの仕様を理解して

SEOとは検索エンジンの検索結果において、当該サイトの表示順位を上位にするためのさまざまな対策のことです。
簡単な例でいうと、記事において一定の文字数の中に検索させたいワードを一定数含んでいれば、そのサイトが検索されたときに他サイトより上位に表示されるといったことです。
企業などではこうしたSEO対策を施すことにより自社のサイトを少しでも多くの人々に閲覧してもらえる機会を増やし、ビジネスチャンスを拡大する一助としています。

しかし、SEO対策はそれほど単純な作業ではありません。
それは、検索エンジンの仕様が日々進化しているからです。
記事中に出現するワードの頻度や、そのサイトに対する被リンクの数などかつて有効とされたSEOの判定基準は現在では効果がありません。
これは、検索エンジンがより質の高いコンテンツを優先的に表示する仕様へと成長しているからで、このことを理解せずにSEO対策をしても、それは反対に当該サイトの検索順位を低くすることにもなりかねません。
真のSEO対策は閲覧者にとって有益な情報を提供するべく、コンテンツの充実に努めるところにあります。

Page Top